マーケティング戦略

企業の主要な事業開発方針やインフラとなるプロダクトサイクル、販売手法、テクノロジーのインフラを評価し、短期または長期のビジネスのゴールに合ったマーケティング戦略を立案します。

キャンペーン企画

マーケティング戦略をもとに、対象となるターゲットにブランドの特徴が適切に理解されるようにキャンペーン企画を立案します。プランニングの段階でB2Cにはライフスタイルのチャンネル、B2Bにはビジネスのチャンネルにフォーカスを当てることがメディア戦略を効果的に発揮する上で重要となります。また、キャンペーンを行う際に核となるのが「ストーリー」です。ブランドの「ストーリー」をいかにターゲットの心に残すということが他のブランドと差別化をする大切な要素となります。

また、キャンペーンを企画する過程では、販売サイクルを支援し、マーケティングミックスの要素を決定します。次にターゲットグループのタッチポイントを考え、対象となるターゲットに対してのコミニュケーションメッセージを作成します。

決定したメッセージは、販売活性化、ブランド認知、顧客ロイヤリティプログラムなどのそれぞれの分野におけるビジネスの目標とリンクし、活用します。

プロセス構築

メジャーなマーケティングイニシアチブを行う上では、外部に対するマーケティングだけではなく、社内に向けたインターナルマーケティングも考慮に入れます。

コンセプトデザインでは、コンサルティングおよびプロセス構築のツールを提供し、企業のマーケティング管理能力を強化します。

構築された企画ツールを用いることで、主要なスタッフとチームメンバーは、企業におけるマーケティング戦略を効果的に運用することが可能となります。